ロゴ
HOME>コラム>眠れない日々が続いたら不眠症かも【心療内科に行こう】

眠れない日々が続いたら不眠症かも【心療内科に行こう】

カウンセリング

不眠症の種類について

不眠症の種類は、大きく分けて4つあります。まず、寝床に横になってから1時間以上たっても眠りにつけない入眠障害は、不安や緊張などのストレスをかかえている人に起こりやすいと言われています。あと、夜中に何度も目が覚めて寝付けなくなってしまう中途覚醒や、予定よりもずっと早く目が覚めてしまう早期覚醒は、高齢者に多いと言われています。また、充分な時間の睡眠をとったのに、眠りが浅くて熟睡できた感じがしない熟眠障害というものもあります。不眠症になる原因は、環境の変化や精神的な悩みもありますが、年齢によるものや運動不足が原因の場合もあります。原因をしっかり特定して、それを取り除くことが可能であれば、少しずつ改善していくことが大切です。

女性

不眠症の治療方法

不眠症の原因が精神的なストレスにある場合、心療内科を受診して改善しましょう。治療は、睡眠薬などの薬物を使う方法と使わない方法があり、どちらが良いかは医師が患者の状態を見て判断します。ストレスの原因を取り除くことが第一ですが、精神的な健康のためには身体も健康的な生活をすることが重要です。寝室の環境を変えたり、適度な運動をしたりすることで、心をリフレッシュさせましょう。また、眠れないうちは、夜になったからと言って無理に眠ろうとせず、自然に眠ってしまうまで起きているのもひとつの方法です。眠らないといけないと強く思い込んで緊張することで、余計に眠れなくなるからです。自分の心に負担をかけないように、リラックスできるようになりましょう。